Harris Tweed!!

神戸の古着屋HABERDASHERY(ハバダッシェリー)のスタッフブログです!








こんばんは!!ドウモトです!!









昨晩は僕も主催の1人として参加しているロカビリーの音楽イベント”GONNA HAVE A PARTY”を元町はSunflowerにて開催しておりました!!






毎回きてくださる方から初めて来られた方まで、沢山ご来場いただき誠にありがとうございました!!





ハバダのお客様もフライヤーを見て興味を持ってきてくださったりと感謝感謝でございます!!





来月12/8にはもう一つの僕が参加しております音楽イベント”PRIDE & JOY”とコラボで年末スペシャルのイベントを開催いたします!!



ご興味がございましたらぜひぜひ遊びにいらしてください!!







さて、朝晩がずいぶんと涼しくなってきて厚手のアイテムを探されている方が多くなってきましたが、それに合わせてハバダでもこの季節がやってきました!!













“Harris Tweed”



言わずと知れた有名生地ハリスツイード!!



今では色んな意味で有名ですねー 笑







古くは1846年にハリス島にて作られたツイードを起源に今でも厳しい基準の元認められたツイード生地のハリスツイード







ハリスツイードは生地ブランドなので、街中で見かける物はハリスツイード製品というよりハリスツイードの生地を使ってタグをつけたどこかのブランドのものなので色んなところで見かけることが増えましたねー!







基本的に製品の50%以上にハリスツイードの生地を用いる事で付けることが許されるハリスのラベルやロゴですが、規定を満たさずにつけて販売している物が日本市場で増えて問題になってるみたいです。。。笑



…そんなこんなで日本での知名度もどんどん上がっているハリスですが、もちろん生地として折り紙つきの製品!





ハバダにも1960〜80年代ごろのイギリスやアメリカのテーラーがハリスツイードを用いて仕立てたメンズジャケットが沢山入荷しております!!
























こちらの二つは1960年代頃のハリスツイードを用いたジャケット!







この年代らしいぶ厚く重みのある生地が適度に着られて馴染んできた感じが雰囲気も良くかっこいいです!!



ハリスは大体1980年代あたりを境にライトウェイトと呼ばれる生地が主流になりガラッと生地感が変わりますが、やはりこの頃のは雰囲気がいいですね!!













こちらはイギリスの有名テーラー”Dunn & Co.”が仕立てたジャケット!!













こちらが1970年代ごろのもので

























こちらは1980年代ごろのもの!!

















こちらはアメリカのテーラーで仕立てられた1970年代ごろのものになります!!



写真では分かりにくいですが、現物はやはりイギリスのテーラーとは違う形や雰囲気がまたいい感じです!!











これから寒くなってくる季節に暖かさとかっこよさを兼ね揃えたツィードジャケットをぜひぜひオススメしたく思います!!











それでは明日はホーライさんとマイちゃん、ドウモトでお待ちしております!!







★★★







ハバダッシェリーアプリ!!





▼ダウンロードはスマートフォンからお願い致します。

下記アドレスからもダウンロード出来ますがApp Storegoogle playで「ハバダッシェリー」検索でも簡単にダウンロード出来ます。





http://uplink-app-v3.com/app/download/sid/5948







ハバダッシェリーの新着情報もアプリで見られますので、ぜひダウンロードお願い致します!!







★★★