神戸の古着屋「ハバダッシェリー」アメリカ仕入日記12日目★

神戸の古着屋「ハバダッシェリー」アメリ仕入日記12日目★


こんにちは〜〜♪おはようございます★
アメリカ・シカゴにおりますニャンコ・山本です。



仕入れ終わっちゃいました。
今日は、朝一に運送屋さんに行って荷物を降ろして仕入れ終了でした。
少し時間が空いたのでモーテルの自室でまったり。。。




雨が降ったり止んだりの中、昼からマリーアン夫妻とカジノのレストランビュッフェへ行き死ぬほど食べて少しギャンブル。。。









$20元手に減ったり増えたり。。。時間も経ったので$37ドルになった所で止めました。まあ。。。面白かったです。。。。






ーが。。。。もともと仕事もプライベートも絶対負けたらいけない、負けたら終わりのギャンブルのような人生なので、目先のスロットマシーンでのギャンブルにあまり魅力を持てないのです。カジノも(日本のパチンコ屋さんと同じように)人の「負け」で人件費や減価償却、電気代などを払っているのだから勝つはずないと思っています。そこはパチンコ屋さんも同じで増えたり減ったりしてるうちに負けるようになっているんだと思うのです。
じゃあなんでカジノに行くのか??ってのは、日本では禁止されている現金を懸ける雰囲気を楽しんでいます。



まあ。。。そんなだからあまり長居もする気もなく1時間ほどで切り上げて帰ってまいりました。



このブログをあげたらパソコンもしまい、荷造り完了です。




話変わりますが、僕は喫煙者です。
アメリカのレンタカーでもモーテルでも禁煙なので日本同様、喫煙者は喫煙に不便です。
ーで・・吸っているのが「アイコス」です。
まあ・・・厳密に言えばレンタカーやモーテルで「アイコス」吸うのも禁止なんでしょうが臭いも殆どなくまあ・・・ばれないと思いアイコスを吸っています。
ばれないーと言えば、行きの飛行機の中でアイコスの匂いがしていました。
匂った事のある人間には「アイコス」の匂いとわかるので将来モーテルでもアイコス吸えなくなるかも??です。
ちなみにアイコスはアメリカの会社「フィリップモリス社」の物なのですがアイコス自体(多分)アメリカでは売っていないし電子煙草もメジャーではありません。



約20年前までは、電車や飛行機の中で喫煙出来ていたのが遠い昔の様です。
まあ。。。電車や飛行機の中での喫煙自体が「そりゃ〜〜あかんやろ!!」って感じですが長時間の飛行機なんかでは喫煙者は辛いものです。。。。



25年前。。。ハバダを作った頃はまだ「携帯電話」のあまり普及しておらずそれでも不便も感じなかったのですがこの20年程でタバコも携帯電話も常識が変わりました。
今やガラケーの人が少なく殆どの人が「スマホ」を持って・・・依存して・・・
僕もですが風呂に入る時にも近くに携帯を置いておくようになりました。



常識が変わったーと言えば、ペットの飼育の常識も近年変わって来ましたよね。。。
特に犬君の飼育に関しては常識がかなり変わったと思います。
もう都会では「野良犬」は見なくなりましたし、庭の犬小屋に鎖で繋いで飼っている犬君もかなり減りました。それに対して猫はーと言うと・・・
猫の飼育の常識が変わるのが犬君より遅かったんだと思います。
猫は、ご飯を食べさせて外で飼っているーと思っている方がまだ多くおられます。
都会で野良犬は見かけなくなりましたが野良猫はまだまだいっぱいおります。
近年「さくら猫」とか言って野良猫を不妊去勢している活動が盛んです。
正直、その活動自体は素晴らしい事だと思うのですが「猫は外に行くものだ」と言う常識が無くならない限りは野良猫はいなくならないと思います。
見たらご飯をあげたくはなりますが「外猫」と言ってご飯だけをあげていると恵まれない「野良猫」が増えると思います。その点で「さくら猫活動」は素晴らしいですが、猫は適当に外で遊んで帰ってくるーと思っている外飼いの常識を変えていく活動も重要だと思います。



僕達がやっている動物保護活動は、当然そんな問題を真正面から考えないといけないのですが中々・・・日頃は動物愛護センターで保護された子猫の里親を探すのが精一杯で「猫の飼育の常識」を変える啓発活動まで手が回っていないのが現状です。




団体の公の意見ではありませんし、僕の個人的な考えなのですが。。。
猫を保護するーってのは、むやみに餌を与える事でもなく、むやみに可哀想可哀想する事でもなく、その命がどうすれば幸せになれるかの責任を負う事だと思います。
今日食べなくては死ぬ猫に(僕は)餌を与えるなーとは言えませんし、
ペット禁止のお家の前で子猫を保護してしまう事もあると思います。
でも、それはもともとは、その保護した人以外の誰か・・「人間」の責任だと思うのです。
無責任な「人間」によって恵まれない子供が生まれ、そして別の人間に保護され。。。
「人間」の考えが変わらない限り野良猫はおり続けると思います。
よく「猫を保護しちゃいました!!どうにかして下さい」と頼まれます。
厳しいですが「保護した」責任は保護した人にあるのです。
もともとの無責任な「人間」によって「保護した人」は責任を担うんだと思います。
古着屋と並行してやっている動物保護団体「神戸アニマルリンク」では、個人が保護した猫について引き取っておりません。
保護したら保護した責任をまっとうしなくては保護した事にならないんだと思います。
本当の個人的な気持ちは、個人が保護した猫も成猫も老猫も自分たちで幸せにしてあげたいのですがまだまだ弱小NPO団体のウチでは敵が大きすぎて守ってあげられる猫を(今は)限定せざるを得ないのです。


パピーミルしかり外飼いの猫しかりで直接的、間接的な違いはあれど「人間」の無責任な動物への虐待だと思います。
それでもきっと「外飼いの猫は・・・」と言われる方もいらっしゃると思います。
でも・・・外は車も走っているし危険がイッパイなのです。。。。
猫にとって車の危険さは解らないですし、速さや重さ・・あたった時の痛さは想像できないのです。




最近、アメリカに来て日本は、いろんな所でいい国だと思います。
多分、世界屈指のいい国だと思いますし幸せだと思います。
海外に来ると日本の物は便利で丈夫で繊細で。。。日本は治安も良くって。。。
誇れる所がイッパイです。胸を張って「日本人です」と言えます。



いい国に生まれて、いい暮らしをして。。。。
そして、すべての物事が上手くいくように。。。
すべてのペットが「僕生まれて来てよかった。。。」と思える日が来る事を切に願います。




ーとまあ・・・仕入日記の最後に沢山語ってしまいましたが。。。。
今回の仕入日記は、今日でおしまいです。
明日からは、通常の「ハバダブログ」に戻り商品紹介など盛りだくさんだと思います。




今回も仕入日記にお付き合い下さりありがとうございました。
次回は来年になると思いますが仕入日記でお会い致しましょう。
ゴキゲンヨウ〜〜さようなら。。。。。。